ofFboからofPixels へアクセスして加工する openFrameworks

[ Video ]

[ About ]
ofFboに描写した内容を、反転+透過+歪みなどを加えることで影のようにならないかと思い、試行錯誤してみました。歪みを大きくしたところ、水面のような感じが出てきたので雰囲気で色々と足してみました。

具体的には画面の半分にあたる広さのofFboを作成、通常通りにupdate内で描写の支持をします。draw内では、上半分に通常通りに描写、下半分にはofFboから取得したPixelsを元にピクセル単位で色情報にアクセス、修正を加えたものを描写しています。

[ Source ]

[ Link ]
https://github.com/junkiyoshi/Insta20180505

[ Sponsor Link ]

イラストをBoxの滝で描写 openFrameworks

[ Video ]

[ About ]
滝のようなBoxの流れを作って、それぞれの色をJPEGファイルからX, Y座標を元に拾ってきています。

本当は箱の中にBoxをため込んで最終的にイラストが見えるようなものにしたかったのですが、処理スピードの問題で断念しました。

[ Source ]

[ Link ]
https://github.com/junkiyoshi/Insta20180122

[ Sponsor Link ]

時間の歪み openFrmeworks opencv

[ Video ]

[ About ]
WebCameraからのImageを120Frame分を保存して、pixel単位で描写するFrame(0-120)を変えています。描写されるpixelのframe numberは、Noise(x, y, time)で計算されるので、隣接するpixel間で近い値を指しながら、時間経過と共に変化していきます。

ちなみに、下の小さいワイプ?がリアルタイムの映像です。Noiseによって決定されるFrameは0-120の間で加減算されていきますが、Imageは更新され続けていく(加算のみ)ので、何とも言えない不思議な雰囲気が出ているのではないでしょうか。我ながら面白い!(自画自賛)

Noiseだけじゃなくて、Kinectのような深度センサーの値を加味しても面白いかも。

[ Source ]

[ Link ]
https://github.com/junkiyoshi/Insta20180119

[ Sponsor Link ]